種類について

成年後見制度には、大きく分けて「任意後見」と「法定後見」の2種類があります。

 
任意後見は、本人の判断能力が低下する前から行えますが、法定後見は判断能力が低下してからでないと行えません。
さらに、法定後見は「後見」「保佐」「補助」の3種類に分けられます。

 
これらは、本人が患っている精神上の障害のレベルによって区分されます。
後見は、判断能力がほとんどない人が対象です。
家庭裁判所が成年後見人を選び、成年後見人は、本人の財産に関する一切の法律行為を、本人の代理として行うことができます。
本人及び成年後見人は、本人が行った法律行為を取り消すことが可能です(日常行為に関する物を除く)。
保佐は、判断能力が著しく不十分な人が対象です。

 
簡単な事は判断できるものの、重要な事項は行えないという状態の人を援助します。
家庭裁判所が保佐人を選び、保佐人は一定の範囲(当事者が申し立てた、特定の法律行為に限る)で代理権を得ます。
本人及び保佐人は、本人が行った重要な法律行為を取り消せます。

 
補助は、判断能力が十分でない人が対象です。
だいたいのことは判断できるが、難しい事項は行えないという人を援助します。
家庭裁判所が補助人を選び、補助人は一定の範囲で代理兼または同意権(取消権)を得ます。

コメントは受け付けていません。