就任時の主な仕事

成年後見制度とは、記憶力に障害のある高齢者や知的障害者や精神障害者など判断能力が不十分になった人達の保護をする制度でして、家庭裁判所でそれらの人を保護をする人を決めます。だから成年後見人は家庭裁判所の審判によって決められます。

それで成年後見人に就任時の主な仕事は、本人の為に本人に代わって診療・介護・福祉サービスなどの利用契約を結びます。そして本人の状態に合わせて医療の診療契約や、福祉の介護サービス利用契約やその施設の入退所契約をします。???? Vol.10 ????

さらに就任時に本人の財産を調査して財産目録を作成して、家庭裁判所に提出をします。その後本人の為に財産を管理して、金銭出納帳を作成して収入や支出を管理します。この時領収書等を保管して、支出の説明が出来るようにしなければなりません。

そして家庭裁判所が、成年後見人が本人の財産をきちんと守っているか、定期的にチェックを入れます。この時に成年後見人は自分の仕事ぶりを家庭裁判所に報告を出来るようにしておかなければなりません。

最後に保護をしなければならない人の死去により、成年後見人の仕事は終わります。成年後見人の報酬は、家庭裁判所の判断で決められ、保護されていた人の資産から払われます。

コメントは受け付けていません。